「四万十川青のり」の新物大丈夫やろか~~ ?!

・2月23日
それにしても・・・
  ○○     ○○
○○ 暖冬  ○○
○○   やねーっ ○○
○○      ○○

こんな冬でっ、
「四万十川青のり」の新物
大丈夫やろか~~ ?!

本来やったら、連日、さーっぶい(寒い)
北風が続く時に「寒」のええ(良質)な
「青のり」
が、風になびく天日干しの風景・・・が?

・・・てなわけで、店主・中尾は、
むちゃくちゃ心配になって、
まず1月中に、四万十川へ
急いだんでありました!

そこで見たものは・・・・・
ジャーァ~ン!!

良かった~、まだまだ短いけど、
意外と干してましたっ! ホッ!!

生産者の人達に聞くと、
「今年は、暖冬でしかもエルニーニョ現象
(潮位が高くなる)で、海水が少ぉ~し
上まで来ちょるけん、採れる場所が、
下流より中流の方へ移動しちょる。」
「ほやけんど、夏にいっぺん台風の大水が
出たけん、川底が綺麗に掃除されて、
ええ青のりが、広ぉい範囲に生えちょる。」

なるほど、確かにいつもの年より、
沢山の漁師さんたちが、あちこちに
青のり採りに出てました!(*^▽^*)

店主・中尾、ほっと安心して大阪へ戻り、
その後もええ雰囲気の
「青のり風物詩」の便り
が四万十川より続々送られてきて
ましたんです。
 \(・△・)/

いささか春めいて・・・。
ところが、ところが、です。
1月が終わり、2月に入っても、
なかなか入札の便りが来ないっ!
・・・・・・・・
嫌ぁ~な予感。
待ちました・・・
待ちました・・・
待ちました・・・

さらに、嫌ぁ~な予感。
毎年早めに採れる「徳島産」も
例年70~80トン採れなあかんのが、
「58トン」しか無かった。
しかも暖冬で水温高く、前半の
徳島産青のりの品質が大幅ダウン
してたのに、約30%の減産で高値!
さらに、さら~に嫌ぁ~な予感。
ほんでもって、やーとこさ、去年より
約20日おくれで、初回入札。
どひゃあー~あぁぁ!!
とんでもない高値!
高かった去年の初回よりも、
さらに約40%UPに~~~!!
私めが知っている約25年間で、
一番の高値!!!

どうするべーっ!
・・・・・・・

そんな事とはつゆ知らず、
川はいつもの夕暮れの表情を
見せてます。

不安を抱えつつ、次回へ。

ほなまた。(・д・;)/