会社案内
Company

基本理念

いつの時代も向井「珍味堂」であり続け、生き残る。他にはない、珍しいおいしい味のものをつくる会社
選りすぐりの自然素材だけを使用
通常、天然素材を安定して入手する事は困難とされています。
しかし、当社は頑固なまでに妥協を許さぬ姿勢を貫き、原材料の契約栽培や現地指導など、独自のノウハウを駆使して、天然素材の調達を実現しています。
「青のり」は最高の品質を誇る「四万十川」の糸青のりを使用。
1950年に四万十川の入漁権を得て以来、他の青のりとの混入を避け、高品質な素材を厳選しています。
きな粉の原料である大豆は、遺伝子組み換え品種は工場内からシャットアウトしています。
ごまや唐辛子ももちろん、選び抜かれた品質の素材を使用しています。
長く愛される「ほんもの」を追求
「人々の健康と食の安全を考える」
これが、私たちの製品作りに対するこだわりです。
当社の製品コンセプトは、ブームに終わる「ベストセラー」よりも、いつまでも愛される「ロングセラー」。
真撃に「本物」を追求し、誠実に仕上げていく。
この企業努力をこれからも続けていきたいと思っています。
素材選びから製造過程での品質管理、物流体制まで、どのプロセスにもお客様への深い愛情を込めています。
職人の技と先端設備で高品質を実現
きな粉や青のり、七味といった粉状の食品には、最適な粒度や加工方法があります。
当社は、素材の選別から攪拌・粉砕・調合まで、本物の美味しさをお届けするために技術、ノウハウを蓄積してきました。
本物の味は、熟練者の技術や経験があってこそ。
さらに、最新鋭の設備機器の導入はもちろん、当社独自の開発による専用選別機や焙煎冷却装置を駆使し、よりよい品質の製品を生み出しています。