カテゴリー
向井珍味堂からのご連絡 青のり・青さのこと

青のりがヒミツ

どーも新人の中田です。
みんな~七味かけてるぅ??

入社して1年たちましたが、新人と言い切っています。 新人なんですけど、もう話すネタがなくなってきました!
それでも何とか、先輩に食らいついて書いて行きたいと思います。 限界がきたら、その時はピエンです。

いろんな食事に七味をかけているんですが、改めて向井の七味の秘密を お話します。秘密って言っても、公言していることですが(笑) 七味っていうと、みなさん辛いイメージがあるんじゃないでしょうか。

唐辛子がいっぱい入ってるとか、食べたらピリッとするとか、 まぁそれは間違ってないんですけども。(笑) 向井の七味には、もちろん唐辛子が入っていて、辛くないことはないのですが、 実は『青のり』が入っています。

「あおさ」ではなく『青のり』です。 しかも高級な『すじ青のり』です。 意外ではないでしょうか。。。七味に詳しい人なら当たり前のことですが、一般的に七味のイメージから青のりが入っているとは思わなくないですか。

何を隠そう、私も向井珍味堂に入るまでは、七味に青のりが入っているということを知りました。(裏面を見たら誰でもわかるのですが(笑)) そして、この『すじ青のり』が入っているからこそ、向井珍味堂の七味の香りが素晴らしいものになっています。
(山椒も入っているので香りが良いということもありますが)

向井珍味堂では、『すじ青のり』を原料に使っているので、香りが抜群に違います。
決して辛さだけではなく、めちゃくちゃ香りが良いのが向井珍味堂の七味なんです。
みなさんもぜひ使ってみてくださいね。
昔は四万十川でこうやって収穫していたんですよぁ~~!
(8年前の写真) 2021年2月2日

カテゴリー
向井珍味堂からのご連絡 青のり・青さのこと

青のりの歴史

青のり担当の小林です!一気に冬になりましたね。。。!
 
青のりって、日本ではいつ頃から食べるようになったのか調べてみました!
マニアックでしょ( *´艸`)
こういった歴史というのは諸説あることが多くて、青のりについても
これが正しいのかどうか定かではありませんが、一説を御紹介します。
 
日本は国土の周辺が海で、食用になる海藻類が育ちやすい条件を具備していたことに加え、海岸線が入り組んでいて海藻類を採取しやすい条件に恵まれていたことから古くから食されていたと考えられます。

神前の祭壇に捧げられる食物のことを「神饌」と呼んでいますが、神饌の中にわかめ、昆布などの海藻類とともに青のりの名前が古くから見られているといわれ、青のりは古くから神饌、お祝いの食用として貴ばれてきたと考えられます。

また、青のりは古来「根の薬」と称していたことから、一種の強精薬品として、また食欲増進を図る薬効食品として利用されてきたことも考えられます。
江戸時代には中国書も翻訳され、青のりについては「こぶや痔をなおす」と民間療法に利用されたといわれます。
 
上記のように、古代では神饌、中世では薬草として使用されてきたことを思うと、現在とはだいぶ使用用途が異なりますね。

なんだかっお好み焼食べたくなってきたな・・・あっそうだ!メリークリスマス!!

2020年12月25日

カテゴリー
向井珍味堂からのご連絡 青のり・青さのこと 青の小話

青のりの消費量が多い都道府県は!?

青のり担当の小林です!
青のりを多く使っている都道府県は?

よく、酒類や米などとといった都道府県別の
総消費量ランキングなんていうのをよく見かけますが、
青のりって、どこの地域でよく使われているのかなと
思って、いろいろ調べてみたんですが…

。。。ないw

黒いのりは、ランキングというのがあったんですが、青のりは
見つけられず。まだまだ、青のりってそんな位置なのかなと思うと寂しい。。。

で、個人的にどこの地域で多く使われているかを推測してみました。

まずは大阪府!!
やっぱり粉もん文化と言われているので、お好み焼やたこ焼き店が多く
家庭でも食事でお好み焼きやたこ焼きパーティーなんかといった機会も
多いのかなと。

あとは、
同じく青のりを使う焼きそばが有名な都道府県とか。ただ、場所によっては
青のりを使わないところもあるので、必ずしも一致するとは限らないんですけど。
パッと思いついたのは、富士宮焼きそばの静岡県。横手焼きそばの秋田県。
なみえ焼きそばの福島県とか。

あとは、青のりが獲れる産地ですかね。高知県、徳島県、愛媛県、岡山県とか。

こう見ると、関東地方って、青のりの消費量って他地域に比べると少ないのかなって
思います。

とはいえ、あくまで個人の所感ではっきりとしたことはわからないので、お国の方
調べていただけないでしょうか。

すんごい気になっています!!

2020年12月4日