カテゴリー
黄の小話

金ゴマの産地・トルコ その5

★黄組/きなきな日記(番外 ごま 編)
・9月14~20日
●●●●●●●
●○ トルコ ○●
●●●●●●●
  N氏の現地レポート の最終
       
      (その5)
              です。
       
  トルコ・金ゴマの旅。
  ちょっとしばらく、間が空いてスンマセン!
  
  店主・中尾、この間、
   ・伊勢での「七味売り」         やら
   ・地元発・地域興しの
      「産業交流フェア」出展      やら
   ・中国・契約 唐辛子の栽培、選別確認で
      「中国出張」           やら
  で大忙し状態!!    
            ふーうゥーッ!
  やーあーっと、ようやく落ち着いて、
  お話でけるようになりました。
  えーっと、何でしたっけ??
    ん? っそう、そう!
     『トルコ・金ゴマの旅』
                やったね。
  (こらぁーっ! ボケるなーーー!!
   
   忙しさのあまり完璧忘れてたんちゃう~??
頼んますヨッ(>ゥ<)/ )   ところで、話はコロッと変わって、   皆さんは、世界三大料理、て何と何と何か   知ったはりますーぅ?   (おおーっと、不利な体勢を立て直すのに、    違う話題へ持って行ったんやね?!)   まず、思い浮かぶのは、多分     「フランス料理」   ほんでもって、次は、食材も四千年の歴史。   ・・・そうそう!     「中国料理」   ここまでは、割とどなたでも出てきやすい、と   思いますが、あと一個が、   ・・・・・・ん? うぅぅーーん?   けど、ここで話してんねんから、ネタはもう   「バレバレ」やね。   そう。そーうなんです。   三番目は、          「トルコ料理」   ちょっと意外な感じですやんねー。   ほな、具体的にどんな料理?   「そう言うたら、TVの料理番組で、    時々『トルコ料理』ってやってるね。」   て、MY嫁サンからは聞きますが。   と言われても、ちょっとイメージが   湧きにくいでっしゃろっ。   ・何かイスラムの香りで、妙にスパイシー?   ・ゴマ油で、こってりオイリー?   で、店主・中尾が、現地で食べた印象は   以外や以外・・・   「あっさり塩味で、日本で普段食べてるのんと    あんまし変われへん!」      つまり、毎食、生トマトたっぷりのフレッシュな   野菜サラダをオリーブオイルですっきりと。   (普通海外では、生水がリスキーなんで、生野菜は    危ないんですが、トルコは、オーガニック野菜、    特に「トマト」はEU向けにたくさん輸出している    水のきれいな国なのだ!)   そして、魚料理は、塩釜焼きで、油分も抜けて   ホント日本の「魚の塩焼き」風。   はたまた、肉料理は、いわゆる「シシカバブ」で、   牛、鳥、羊(イスラムでは、豚は×)の串焼き。   これもそんなに「ひつこくなく」あっさりしてましたなあ!   それから、それから、肝心な       『ごま料理』              ですがぁ、              トルコで、代表的なものと言えば、      ★タヒーニ
     ★ハルバ
  はあーっ?
  何じゃそりゃぁー? 初耳やねえ。
  ネタをばらしますと、まず、
     ★タヒーニ      は、
  ごまペーストの事で、
DSC01705_488.JPG
     ★ハルバ       は、
  そのごまペーストをたっぷりの砂糖で
  固めた、甘ぁー~い羊羹(ごま味)(?)
  みたいな食べ物、なんですっ!
DSC01707_488.JPG
  それ以外にも、パンに金ゴマふりかけたり、
  ごまペースト自体をオーブンで焼いたり。
             
  こういう栄養価が高い『ごま料理』を、特に
       「ラマダン」
  と呼ばれるイスラム教の儀式(一年に一ヶ月、
  昼間は完全に断食をする修行なのだーー!)の時、
夜の間のみに集中して食べはるそうな。
  そん時は、金ゴマの輸出相場まで値上がりする
  勢いで、ごまを消費する とか!! 
     …スゴ~イ もんでんなぁー (^_^;
      (;-_-) =3 フゥ
  トルコの旅、最後の回やと思うと
  チョット、ちから、入り過ぎて
ちと、長なってまいました。
  では
  最後にトルコの素敵な素敵な景色をプレゼント
DSC01726_488.JPG
   
  皆さん、ほなまた~~!!  
  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。