カテゴリー
青の小話

「新物!青のりの季節です☆」

★緑組/のりのり日記(青のり 編)
・11月30日
  「青のり」の新物の季節がやってきました!
  
  今年の秋は、結構9、10月と時期がすすみ、
  本来なら、
       ”秋深し”
            という頃になっても、
  
  関西地区は遅くまで、結構暑かった(!?)
  ですよねえ。
  けどそれもつかの間、この2~3日、
  ちょっと、木枯らしっぽくなって、
  思えばもう、はや、『師走』。
  ・・・えっ!  もう12月 やん!!
  きなこ~ゴマ~七味~青のり屋さんの
  店主・中尾にとって、
    そう、そう、そ~う『12月』、は、
  特別な月、超、超、超、忙しの、
        強烈な日々が続くんです!
  (なんせ、12月4日と11日の日曜以外は、
   スタッフ全員(皆さんゴメン)で、30日まで、
   全力稼動なのじゃぁーーぁー~~!!)
   
クリスマスなんて甘っちょろいモンいるかー!
  とゆーオーラがみなさんバシバシでております・・(*ω*)/
  
  
    ぐぅぁんばらなくっちゃ (T∇T)
    
  さて、このチョット寒さが感じ出される、
  この時。
  それは、「青のり」の新物だよりが、
  聞こえてき始める時期でもあるんです。
  
  ・・・とはいえ、我らが『四万十川』は、
  漁師さん曰く、
  「ま~だ、10センチもぬび(伸び)
   とらんじゃろおー。」
  てな感じで、前にもお伝えしてますように、
  多分大雨で流されんかったら、いつも通り
  年末から1月にかけて、採れ始める感じです。
  この早い時期、11月半ばからスタート
  してるのは、徳島産なんです。
  徳島産、と言えば昨年は、前回の小話の中で、
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
   (去年冬の「青のりレポート」) より
  H17年12月4、5日の季節はずれの台風崩れの大雨により、
  吉野川上流の池田ダムが大量の放流を行った結果、これから増産という
  真に摘みごろに育った青のり共々、養殖網まで流されて、今シーズンの
  生産量は、結局何と約19トンで終了してしまいました。
  「徳島産」が第一回入札から高値が続き、冬期最後の入札時に、
  昨年の3倍以上(!)の最高値がついてしまった、という結果は、
  全国的に情報が入っており、その他の産地にも波及。
 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
  なあーんて、恐ろしいご報告をせざるを得ない
  状況で、一年間青のり業界は、苦しみました。
  けど、今年は今のところ、徳島は順調に入札が始まり、
  11月中に約35トン出品され、まずまずの作柄です。
  (ただ、昨年産のキャリーオーバーが、ほとんど「0」
   なんで、まだまだ価格は、小じっかり状態。)
  機械乾燥ですが、採れたては色合いも、
    「さーすが~、新物・青のり」  て感じ!
DSC01839_488.JPG
★何じゃー、これは???
    ★もうちょっと、わかり易いように、
      小分けして、盛り付け !
DSC01828_488.JPG
    ★もう一丁おまけに、旬のものと一緒に !!
DSC01835_488.JPG
  (味は、我らが「四万十川産」天日乾燥品よりは
   少々、すぅーっと「舌刺す」感じですが・・・)
お天とうサン、どうかこのまま、平穏無事に
  「青のり クン」たちをお育て下されましまし!
     ヽ│/    ⌒ヽ
     -◎──  (  )
    /│\  (   )                 
       ⌒ヽ ノ   )_                
      (  ー´ )
    ~~ ~~~~~~~~~~~~~~   
  去年のような、天災、試練をお与え無きように~~~!!
  ナンマンダブ ナンマンブ 神様 仏様
  じゅげむ じゅげむ ごこうのすりきれ 坊さんが屁をこいたっ
  よし!!これで大丈夫!!(‘∀’)/☆
  ・・・ん、なあーんか変てこな宗教みたいに
         なってもた。
  とまあ、そんなけ 青のり 特に徳島のように養殖ではなく、
   「自然に生えて、自然に育ち、自然(天日)で干す」
        『四万十川産 青のり』
  は、自然頼み、神頼み の世界 なんですっ!
  ホントに、人間の力なんて、小っこい。
  
img1033804173.jpg
img1033804146.jpg
   自然の力には、勝てまへんっ!!
      ・・・実感・・・
  
  ほなまた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。