カテゴリー
赤の小話

★☆『国産・唐辛子』☆★ 日本の産地・岐阜

・12月1日
★☆『国産・唐辛子』☆★
日本の産地・岐阜
    
   ●その後どーかいな?編
    
  以前、9月の初めに、産地へ
  見に行った時に確か、みきっぺ が、
  「十月半ば、熟した頃にもう一回
    見てみたいですね (‘∀’)/☆
  て言うてたし、西松のオヤっさんも、
  「おみゃーさん、10月ん半ばにもうイッペン
   来なされ!そしたら多分きれいに熟しとるやろう。」
  と言うたはったんで、まず10月15日過ぎに
  あの自然がいっぱいの、岐阜は郡上の里
     いざっ!畑へ!!  
  ・・・ありゃっ!? ありゃりゃ~?
  まだ、そんなに「赤く」なってへんや
  おまへんか~??
  
  確かに、十房(国産一味の主原料)や
DSC02226_488.jpg
  試作中の超甘口唐辛子
DSC02229_488.jpg
DSC02234_488.jpg
  は、だいぶ熟れてきてましたが、
肝心の「タカノ爪」は、まだまだ
  青いまま!
   
DSC02228_488.jpg
ど、ど、どないなってんのん!?
  やめてよ~~。
  今年も、ひょっとしてまた『不作』?
  で、西松っあん、曰く、
 「今年は、どうもいろんな作物が、
  遅れとるんやわぁ。
  夏以降、なんか『1ヶ月』後ろへ
  ずれとおるのぉ~。」 
  んんーっ?
  どっかでも同じ話、聞いたなあ!?
  ・・・・・・
 
  そやっ!思い出した。
  確か、「お豆さん」の産地、
  三重でも、丹波の黒豆のとこでも、
  それから、そう言えば、徳島の青海苔の
  新物の入札の時の生産者も、
  みいーんな
    『1ヶ月遅れとる。
  ていうたはったんですー。
  こらぁ、何か共通の
  原因があるはずやなあー。
  と思って、店主・中尾、調べました。
  それは、またまた、
    「旧暦」
         なんです。       
  どういう事かて言うたら、
  「旧暦では、今年は閏月で7月が
   2回も有って、そんな年は、
   必ず秋が一月長くなる。」
  と、ちゃんと何年も前から解かってる事。
  旧暦の本にそう書いてあったのだーー!
  だから、人間は新暦で、10月半ば
  と思うてても、自然はやっぱり
  「旧暦」で動いてるんで、まだ9月半ば。
  と言うのが、正解!ちゅう事です。
  ほんでもって、仕切り直しで、
  11月に入ってから、もう一度
  写真撮り直しました。
  そしたら、やっとこさ全体が
  赤く熟れ、
KIF_0357_488.JPG
畑のバックの山々も紅葉(*^▽^*)
  し始めて、
KIF_0346_488.JPG
甘口の唐辛子は、天日干しの
  試作も、上々の仕上がり!
KIF_0353_488.JPG
KIF_0355_488.JPG
これで、なんとか一息。
        (・д・;)/ ホッ
  春の長雨の影響で、少しは減産には
  なると思うけんど、
  何とか、大不作は免れるんでは!!?
  ということで、ここらで
さいなら~~  (*^-‘)/~☆Bye-Bye♪
  
  
  ・・・と、ホッとしたのもつかの間!
  日本以外の
    中国、韓国その他アジア各国からは、
     『スパイス全面高
   (12月2日付 日経新聞 より)
  
  という、恐ろしい情報がっ!!
  さらに、中国の唐辛子の各産地からも
  一部原料が高くて無い やら、
  毎日暴騰して、値段が決められない やら、
  何か、ややこしい事言い出してるんで、
  詳しくは、次回にっ!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。